37歳の転職で行う手順

 昔は転職について35歳が限界とされていましたが、今ではそれも過去の話となり、40代や50代の人間も転職を考えるのが当たり前の時代となりました。

 

 37歳も例外ではなく、むしろ立ち位置としては30代として技術も経験も身につけている年齢であるため、転職においての市場価値としては高い年齢ともいえます。

 

なぜ転職するのか?

 まずは大事なのは何故転職したいかを考えることです。しかし考えるとしても後ろ向きに考えるのではなく転職先で何をしたいかという前向きな気持ちで考えることが大事です。

 

 37での転職はスキルも重要ではありますが、この年齢でも新しいことを吸収しようとする柔軟性が問われるからであり、そのためには前向きに意欲のある活動をする必要があるからです。

 

 

【参考記事】

 

 

仕事内容を重視した求人情報収集

 求人では今よりいいところで働きたいと考えれば雇用条件を見るのもいいですが、それ以上に仕事内容について重視をしましょう。

 

 もし内定をもらって入社をするとなれば書かれている仕事をやることになるため、応募においてアピールするにはその仕事のことを考えてしていかなければならないからです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

応募書類でのアピール

 履歴書をしっかり書くのはもちろんのこと、やはり大事になるのは職務経歴書となります。

 

 先ほどの求人情報と同じように自分が入社するとなるとどのような仕事をすることになるかを考えて、それを踏まえた上で職務経歴書の内容もその仕事ができるということをアピールするようなものに仕上げましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接での対策

 自分ができることを明確にアピールできるようにしておきましょう。

 

 ただ「できる」だけで済ませるのではなく「これがあるためにこのようなことができる」というような感じです。

 

 してきた仕事の体験を通じて語るのが最も効果的ではあります。

 

 

【参考記事】

 

 

 

円満退職をするなら

 退職時に企業側から引き止められる可能性が高いです。

 

 揉めてトラブルになる場合もありますが、それで企業側からの印象が悪くなると支障が出るため、退職の交渉は冷静に進めていくようにしましょう。

 

 もちろん退職が決まれば退職するまでにやるべきことをやっておくのは当然のことになります。

 

 

【参考記事】

 

 


トップページ 37歳の転職で行う手順 おすすめ転職サイト