35歳以降の転職に勝機あり

35歳以降の転職に勝機あり

 

転職適齢期は健在

 

 もう使いふるされた感がある『転職適齢期』ですが、時の流れの早さにもかかわらず今も健在です。この適齢期とされる年齢が35歳です。この年齢の若干の修正はあるかもしれませんが、体制に影響はないでしょう。

 

 何故なら二十歳そこそこの新入社員よりも、管理職ともなる35歳以上になってからの転職において、これまでの社会人経験を求められる実のある転職が増えると考えられるからです。

 

転職の決め手

 

35歳以上になって転職をより確実に、そしてできるだけ早く成功するポイントの主なものは次の4点が主なものです。

 

  • 自分のスキルの棚卸しをすること - 自分が職業人として歩んできた軌跡を辿りながら、向かおうとする方向を探る
  • 最期の転職だと自覚すること - 挫折や障害に負けない強い意志を持つ
  • 成功体験が語れること - 大きな成果に限らず、自らの成功体験として語れることがあるのが大切
  • 職歴や学歴、所有資格や将来の夢との関連性

 

以上が35歳で転職を勝ち取るための基本ポイントです。

 

35歳の経験値

 

 転職市場が一段と狭くなる35歳の就活ですが、されど35歳です。二十歳くらいから仕事を始めたあなたは、およそ10数年職場というところで、ストレスと戦いながら与えられた業務をこなしてきた筈です。

 

 それが派遣だろうとフリーターだろうと気にすることはありません。その理由がきちんと語れることが大切なのです。いずれにしても職場という環境に慣れているかいないかが重要なのです。

 

まとめ

 

 35歳だから転職が難しいと短絡的に思うことにあまり意味がありません。培った経験は35歳分あります。まずは自分を信じ、自分を好きになることです。そうすればアピールするにもいい意味の力が入ります。

 

 そして本当の願望に向かって進むことです。その上で先述したポイントを意識して活動すれば、35歳以上の転職に勝機が見えてくることでしょう。

 


トップページ 37歳の転職で行う手順 おすすめ転職サイト