転職が可能な年齢

 30代後半の会社員です。会社の経営状況が悪化し、賃金が下がり続けています。

 

 転職をしたいのですが、年齢的に限界でしょうか。

30代後半から40代の転職は、かなり厳しいのが現実です

 

 転職は一般的に30代半ばを過ぎると、極端に求人が減ってきます。30代後半から40代の転職は、かなり厳しいのが現実です。

 

 この年齢になると、ある程度の地位にもなり、マネジメント的な立場になっている方も多いです。それだけに、新たな会社の社風になじめなくなる可能性も高まってきます。

 

 この年代の方々は、家庭をお持ちで何かとお金もかかる世代です。転職に有利なのは、専門性があるかどうかになってきます。客観的なものは資格です。

 

 総務、経理系にお勤めなら税理士、社会保険労務士の資格の取得をおススメします。どちらも、簡単にはいきませんが、2年間はびっしり勉強できれば取得可能です。業種は限られますが、福祉系の資格も転職を優位にします。

 

 資格をお持ちなら、最低限は面接までこぎつけることができます。取得しても転職が無理なら、税理士と社会保険労務士はそのまま開業にもつながる資格です。

 

 ベストは司法書士の資格ですが、かなりの難関で一般的に働きながら取得するには、相当な時間と費用がかかります。

 

 40代以上の転職は、会社に何年勤務しても、転職先の評価になりづらいのが実情です。ニーズのある資格保持者なら、50代でも転職が成功する可能性が高まります。

 

 

 

 

 


トップページ 37歳の転職で行う手順 おすすめ転職サイト