良い仕事をするための原動力は何ですか?

良い仕事をするための原動力は何ですか?

回答例1

 私は現在不動産の営業をしておりますが、仕事は地味で体力がいる仕事です。何度も挫折しそうになりながらも、続けてこれたのはお客様の喜びの声があってこそです。

 

 お客様にご契約いただく不動産に何か問題があってはなりませんし、お客様が利用する住宅ローンについても納得のいくものに巡り合ってほしいとの思いで、何度も市役所や現地に足を運び契約書類をまとめます。

 

 住宅購入に関し素人であるお客様のライフプランを作成し、無理のない住宅ローンを組むアドバイスをします。その仕事量は限りないものでしたが、お客様の喜ぶ顔を想像して自分のモチベーションにつなげてきました。また人の為になる仕事をしているという充実感が自分のモチベーションに繋がっております。

(38歳│男性)

 

回答例2

 良い仕事をする為には好奇心が必要になります。例えば新しい事を覚えたいとか、ここをこうしたらどうなるのだろうかという内容です。好奇心は普通に生活しているだけで湧き出てくるものでもありません。毎日、まじめに努力をしている過程で垣間見えるものです。

 

 努力とは参考書を読む事です。自分の興味のない分野の本を読んだり、勉強をしてみると知識の幅が広がりますから色々な事に興味を持つことが出来るようになるのです。それは数学でもいいですし、英語でもいいと思います。

 

 そして、それらで得られた知識を仕事に生かすことが出来ればそれは私の大きなモチベーションになると思っています。そしてその結果、良い仕事と思えるような成果を出すことが出来るのではないでしょうか。

(38歳│女性)


トップページ 37歳の転職で行う手順 おすすめ転職サイト