30代で、まったく異業種への転職をしました

薬局やドラッグストアの店員として、ずっと働いてきました。
地元に、新規オープンしたドラッグストアのオープニングスタッフとして化粧品部門で採用されました。
ドラッグストアの化粧品コーナーなので、お客様にカウンセリングしたりとかは無かったんです。でもアドバイスをしてみたり、肌悩みに合わせた商品を勧めてお客様から喜ばれたりするうちに、ドラッグストアに物足りなさを感じるようになりました。チェーン店なので、マニュアルが厳しく売り方や商品の陳列の仕方まで決められています。

 

私は、しばしば一人の接客時間が長いことや売らなければならない商品以外を勧めた事で注意を受けていました。
その日も、高額の商品を幾つも買っていただいたんですが、上からは「他のメーカーのものを勧めるべきだった」と叱られ、この店でやっていく気持ちがなくなりました。

 

私は、勤めながら仕事を探す事にしました。
たまたま、知人の紹介である化粧品店と出会いました。
話を聞きにいくと、30代くらいの方を探しているとの事でした。若い美容部員ばかりでなく色々な年代の方がいた方がお客様に喜ばれるのだそうです。
でも、私はまったくの未経験です。
その店の方は、最初は渋られていましたが「一週間でいいから、私の仕事ぶりを見てください」とお願いして、条件付きの採用後になりました。

 

それからは、死に物狂いです。
若い美容部員に叱られたり、使えないと言われ悔しい思いもしましたが、それよりも天職に出会えた喜びが大きく頑張れました。
セミナーや勉強会にも積極的に参加しました。売り上げが伸びず、胃に穴が空いたり円形脱毛症にもかかりましたが、好きな仕事は頑張れます。

 

今は、支店を任され頑張っていますよ。


トップページ 37歳の転職で行う手順 おすすめ転職サイト