会社から引き止めにあったら早めに対処を

会社のための引き止めだと認識

 

 転職者に欠かせない作業であり、少し厄介な作業になるかもしれないのが、引き止めへの対処です。これに失敗したら気持ちよく転職することができません。もしかしたら転職そのものが延びたり駄目になったりしてしまうかも。と考え、できるだけ早めに対処しておくようにしましょう。

 

 会社が引き止めるのは何のためなのかを、先ずは正しく認識しておくこと。それは紛れも無く、会社のためです。あなたのためではありません。上司はあなたのためを思っているかのような言葉を使うかもしれませんし、あなたのためになるような新たな待遇等を約束すると言うかもしれませんが、それも信じない方がいいでしょう。

 

 真面目な方は信じやすいこの手の引き止め。しかし、それに応じてもあなたにメリットがもたらされることはほとんどないのです。

 

残り留まる可能性がゼロであることをどう知らせるか

 

 引き止められた時には、それに応じる、つまり、会社に残り留まる可能性がいかに無いかを伝えることが大切です。残留する可能性ゼロ宣言を堂々と行いましょう。

 

 その時、どこかためらいや躊躇があってはいけません。同じ言葉を用いても伝え方によって、本当に可能性がゼロなのか、それともほんの少しは残っているのかの捉えられ方が変わってきてしまうのです。

 

 自分の言葉で明確に伝えると共に、嫌な上司や怖い上司であったとしても、「これが自分の最終的な意志である」という気持ちを持って、退職することを伝えるよう心がけましょう。

 

“引き止め工作は会社にとって損”だと匂わせる

 

 転職者にとって本当に面倒なのは、会社からの引き止めが長期化してしまうこと。これはあなたにとっても損でしかありません。もしそうなりそうな気配を感じたら、それ以上の引き止めを行うと会社が損である、ということを匂わせる作戦に出てみましょう。

 

 弁護士に相談する、労働局に相談する、直属の上司を飛び越えて、さらに上の上司に相談するなど、こうしたことを匂わせれば、それ以上の引き止め工作は逆に会社に損をもたらすということを伝えられるはずです。

 

 そこまですれば、もうさすがに引き止められることはないでしょう。最後の手段とはなりますが、こんな手法も知っておけばメンタルを保ったまま対処できるのではないでしょうか。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 37歳の転職で行う手順 おすすめ転職サイト