35歳で転職を成功させるための3つのコツ

35歳転職の現状を分析

 

 全体的に就職難と言われる現在、主に若者の就職がキツイとも言われています。

 

 大学を出ている若者の就職が難しい状況なら、30代はもっと厳しいのでは?と普通なら考えてしまいますが、30代の人材評価は低くありません。

 

 そのため30代の就職はというと有利な面が多いのが現状となっています。

 

 仕事と考えた場合、30代を世間では体力的にも頭脳的にも1番勢いもスタミナもある輝ける年代と考えている企業は多くあります。結果、求める企業は非常に多いです。

 

 

企業の30代に対する評価

  •  色々な経験もしているし、社会常識にも触れている
  •  ある程度のスキルを持っている分野がある
  •  精神力と体力も十分にある

 

 

 

これまでと同じ分野へ転職のケース

 

@人脈を徹底的に活かした転職活動

 

 今まででの経験やスキルを活かした分野への転職ならば、知り合いづてが一番確実な方向です。

 

 同じ分野の会社に行ったとしても、入社してみないと分からないローカルルールなどの弱点がありますが、知り合いづてであればそういった細かい点が前もって確認できるメリットもあります。

 

 あなたの人となりも知っていますので、うまく行けば紹介なんて事もしてくれるかもしれません。

 

 

A急募の求人は必ず見逃すな

 

 同分野の専門的なスキルなどがある場合、急募での広告が時期を選ばずその都度出ることが多いです。

 

 要は人員が抜けてしまったので補充ですね。こういった求人の場合は30代は有利なことが多いです。

 

 企業側はなるべく即戦力を探している訳ですから。自分の同分野の急募は見落とさないようにしましょう。

 

 

アドバイス

 

 これまで経験したスキルや持っている資格などを利用して企業を探していきましょう。以前の同分野から探していけばいいですし、繋がりのある分野まで広げることも可能になります。

 

 最大のメリットは企業に経験やスキルを明確にアピール出来ることです。志望動機も明確です。実際仕事についてもやりやすいし即戦力になる可能性は十分あります。

 

 

 

これまでとは違った分野へ転職のケース

 

B若者が必要とされる職場を避けよう

 

 今までとはまったく違う分野に挑戦してみるなら、今までのスキル的なものは役には立たないでしょう。あまりにも若者が活躍する職種は避け、自分より年上がメインで活躍しているような職種を狙うのが手です。

 

 しかし社会人としての経験は役に立つはずですので、経験が必要とされる職種などを選んで行くといいでしょう。自分と同じ30歳代が1番若手で活躍しているような会社は狙いやすいはずです。

 

 

 

アドバイス

 

 未経験の分野では、アピール出来るスキルはないわけです。そこで、社会人としての常識的なことをアピールする事が大事です。

 

 履歴書の文字や内容、誠実な同期、面接の際の身だしなみや言葉使い、元気さ。こう言ったものが洗練されていれば分野は違えど必ず高評価されるはずです。

 

 

 

 

この記事はお役に立ちましたか?良かったらシェアにご協力下さい。

 

 


トップページ 37歳の転職で行う手順 おすすめ転職サイト